イーみどり・ドット・コム
初めてのお客様 お買い物ガイド 商品一覧 お問い合わせ
ガーデニング用品がいつでも3%ポイント還元

   ようこそ、ゲストさん  

ログイン
会員登録 カートを見る レジに進む
  トップ > 「レチューザ」の組み立てと植え込み 
* 緑化・植物材料

* プランター

* ガーデン ファニチャー

* ガーデニング資材

* ベランダガーデン資材

* 土木資材

* ガーデニング作業用品

* 環境・エコ製品

* 限定特価ガーデニング用品

* アウトレット

* 販売終了商品

 
詳細検索

ご購入額が3万円にもう少しの時は…▼


 税込 1050円以下の商品

 税込 2100円以下の商品

 税込 3150円以下の商品

ガーデニング資材、ガーデニング用品などの商品のご要望
当サイトにないガーデニング雑貨・用品・資材も当社の資材調達ネットワークを通じて迅速にお探しします。気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
お知らせ

緑のある潤いの住居空間を!より良い商品をより安く!プロが使用するガーデニング雑貨・用品を豊富な品揃えでご提供。あなただけの癒しの空間演出をお手伝いします。無料会員登録でさらにお得なサービスも。

はじめてのお客様。イーみどり・ドット・コムとショップのご利用について
メルマガ登録
お買い物ガイド
お問い合わせ
プライバシーポリシー
会員利用規約
よくある質問(FAQ)
特定商取引に関する法律に基づく表記
都立 夢の島公園
日比谷アメニス
日比谷花壇
日比谷アメニスFacebookページ

ドイツ生まれの機能美プランター

「レチューザ」の組み立てと植え込み

レチューザの組み立てと植え込み[ イメージ画像 ]

レチューザの特徴かん水システムの仕組み組立と植付け良くある質問

【動画で解説】杉井明美さんの簡単!わかりやすい!レチューザを使った園芸講座

かん水セット

園芸家杉井明美さんのレチューザ・カンタン園芸講座です。

レチューザの組み立てから植え方まで!
専門的な知識や技術は一切不要、簡単に植物が育てられます。

レチューザに上手に植栽するコツをわかりやすく、ていねいに実演しています。


杉井明美の園芸講座で使用しているプランターは「クラシコ 21 スカーレット」です。
サイズの参考にしてください。

【写真で解説】楽々セッティング〜植え込みまで

〔1〕セット内容をご確認ください。

コテージ・キューブのセット内容

  1. 本体
  2. ライナー(※1)
  3. 仕切り板 [セパレータ] (水と土とを分ける仕切り板)
  4. .給水シャフト(セパレータの隅に立てます)※2
  5. 水位計(水の量によって赤いマークが上下します)※3
  6. キャップ(水位計にかぶせます)※4
  7. クレイ(セパレータに敷き詰めます)

【右の画像のレチューザは「コテージ・キューブ」です 】

※1.キャラロ、クアドロ、クラシコ、ラウンドはライナー仕様ではありません。

※2.ミニキュービにはありません。マックスキュービ、ジョーカー、ウィンドウシル、デルタ15、バルコネラはライナー一体型です。

※3.ミニキュービにはありません。

※4.ミニキュービ、マックスキュービ、ジョーカー、デルタ15、キャラロにはありません。

※園芸用土はセットに含まれません。別途ご用意ください。

〔2〕本体、ライナーの「底せん」をチェック!

レチューザの底せん

室内でお使いになる時は、鉢本体裏中央、ライナー裏中央の「底せん(ネジ)」をしっかり締めて、 水漏れを防いでください。

屋外使用の場合、本体、ライナー共に「底せん(ネジ)」は外して下さい。

(ネジと排水用支柱がない室内専用のタイプもあります)

〔3〕水位計を組み立てます

水位計の部品とキャップ、シャフトのイメージ写真

水位計は右の画像のように、A-1からA-6までの6個のパーツからなっています。

このパーツを以下の手順で組み立てて下さい。

※B-1: キャップ

※B-2: シャフト

 

水位計の組み立て手順

1. (A-1)の筒に、(A-2)でふたをします。

2. (A-4)に、(A-3)を差し込みます。

3. 1で組み立てた筒に、2で組み立てた物を差し込みます。

4. (A-5)に、(A-6)を差し込みます。

5. 3で組み立てた筒に、4で組み立てた物を差し込みます。

6. 水位計の完成です。

〔4〕仕切板、シャフトを本体に入れる

仕切板、シャフトをプランターに入れている様子

仕切板の切り欠き部分にシャフトをのせて、本体に入れます。

この際、下の写真のように、シャフトのツバが仕切り板の上に乗るようにして下さい。

シャフトのかみ合わせ

〔5〕水位計をセット

水位計のセット

1. シャフトの穴に、水位計を差し込みます。

2. キャップをはめ込みます。

3. これでプランターの組み立ては完了で、いよいよ植物の植え込みです。

※植物を植える時に、キャップがずれないように、セロテープなどで固定しておくと安心です。

〔6〕クレイの敷き込み

クレイを敷きこんでいる様子

〔5〕までセッティングの出来た本体に、クレイを敷き込みます。

2 のように、クレイは平らにならして下さい。また、ミニキュービ、マックスキュービなどは、中に入れる植物の大きさに応じて敷きこむクレイの厚みを調整して下さい。

〔7〕植物の植え込み

植物を植え込んでいる様子

植物の高さを調整しながら土を入れていきます(1 )。

複数の植物を一緒に植える場合、全ての元の根鉢の上面が同じ高さになるように調整して下さい。

シャフトに土がかぶらないよう注意して下さい(2 )。

また、棒で突いたりして、新しく入れた土に隙間ができないようにして下さい。

〔8〕仕上げ

マルチングを敷いた様子

マルチング材やバークチップ、または、化粧砂利を植物の間に敷きこむと土が直接見えずに済みます。また、土の表面からの水の蒸散を防ぐ事ができます。

右の写真は、バークチップを敷きつめた様子です。

〔9〕水やり

水位計

植物を植えたら水をあげます。

植えてから1ヶ月間は、シャフトの部分からではなく、土の表面から水をあげて下さい。

これは、土と植物の根、クレイの馴染みを良くするためです。

また、水の量は、角プランターの水容量を参考に入れ過ぎないようにしましょう。

例えば、クラシコ35の場合は、 水容量は、3.7リットル です。ただし、土が水を吸うため、それ以上の水が入ります。

水を入れると水位計の赤い棒が上がってきます。ただし、直ぐには上がってきませんので、水は一度に入れず、時間をおいて少しずつあげるようして下さい。赤い棒がMAXのラインより上にあがらなよう注意して下さい。

水位計が上がらないからと言って、沢山水を入れ過ぎると、根ぐされを起こす原因になりますので注意して下さい(屋外仕様で底栓をつけていない場合は、水を入れ過ぎるとオーバーフローするので入れ過ぎても問題ありません)。

〔8〕完成

植え付けた様子

円錐状の丸みを帯びたラインが醸し出す、精妙で気品のある佇まいのプランター「レチューザ クラシコ35」に合わせ、隋円形の葉に穴のあいたアジアンテイストのモンステラをメインに、柔らかなライム・カラーのポトス、白の縁取りの小さな葉が可愛い斑入りのフィカス・プミラを選びました。

レチューザの特徴かん水システムの仕組み組立と植付け良くある質問

▲このページのトップに戻る▲

Copyright(c) 2005 e-midori.com All Right Reserved.